GUATEMALA | Finca Gardenia

 
トロピカルフルーツなグァバや、マンゴーの風味、クランベリーを思わせる甘酸っぱさや、さくらんぼ、プラムのようなストーンフルーツのような甘みを感じます。メープルのようなシロッピーな口当たりや、カカオ分の高いチョコレートを口にしているような香ばしい甘さや滑らかさもございます。

冷めてくるにつれ、程よくリキュールのような印象を感じます。
綺麗に施された嫌気性発酵は心地よく、クリーンなコーヒーをぜひお楽しみくださいませ。

■ FLAVOR COMMENT
 
グァバ、クランベリー、メープル、カカオ
 
 
■ INFORMATION

2012年、現農園主であるEddy氏とPaola氏が、前オーナーから農園を買い取りました。 本農園はウエウエテナンゴ市から車で約45分の場所にあるマラカタンシト地区 ピアチェ村に位置しています。とても乾燥した気候であり、土壌もコーヒー栽培には適さない場所ですが、年に2~3回の施肥を行い、養分を補うようにしています。また、彼らは環境に配慮し、その地域の在来の動植物を大切に保護することは当たり前の役目だと考えています。また、環境保護や社会的慣行が良好に維持されることは、質の高いコーヒーを生産できると確信しています。

1~4月の収穫期には約4回に分け、完全完熟のチェリーのみハンドピッキングしています。チェリーはすぐにステンレスタンクへ入れられ、約48時間の低酸素状態で発酵工程を行います。
その後、水路を通りながらきれいな水で洗います。ここで水に浮く軽いチェリーは取り除かれ、アフリカンベッドの上で10日間、天日乾燥します。その後、ビニールハウス内でさらにゆっくりと乾燥を進めていきます。
生産者のこだわりとして、一貫した透明感とバランスの取れたナチュラルの嫌気性発酵らしい発酵を目指しております。

ウエウエテナンゴ県内の小規模生産者たちが協力し、各地域の近隣で小さなコミュニティを作って、共に品質改善・向上に取り組む「Xinabajul 」というプロジェクトを実施しています。
このプロジェクトを指揮を執るのは、輸出を担当するROSMAのリーダーの一人であるFredy氏を中心としたMorales Familyです。彼らは、自らだけでなく、”ウエウエテナンゴ”として、世界中への高品質なコーヒーを広めることをゴールとしています。
 
 
生産国/ Guatemala
生産地域/ Huehuetenango, Malacatancito, Piache Village
生産者/ Eddy Lopez
農園/ Finca Gardenia
標高/ 2,000m - 2,100m
品種/ Caturra, Catuai, Bourbon
精製方法/ Anaerobic Natural
クロップ/ 2023/24
エキスポーター/ Rosma Coffee Land
焙煎度合い / ライトロースト(浅煎り)
返回網誌