COSTA RICA | El Kinkajou Cherry Reposado

 
ミディアムライトとやや浅めの焙煎ではありますが、レッドアップル・フィグ・チェリーといったフレーバーコメントのイメージ通り、暖色を連想させるレッドハニーらしい長く続く甘みをお楽しみください。

■ FLAVOR COMMENT

レッドアップル、フィグ、チェリー、リンガリングスイートネス

■ INFORMATION

コスタリカのスペシャルティーコーヒーシーンの中心的存在であるエクスポーター、EXCLUSIVE COFFEEの代表を務めるフランシスコ・メナ氏が、マネージメントするシュマバ・マイクロミルで生産されたコーヒーです。フランシスコ氏も週に2度は農園へ足を運び、生育や管理を直に確認しています。
  
 
生産地に常駐するマリオ氏との意見交換を欠かさずに、積極的な品質向上に余念がないとのことです。このコーヒーが栽培されている場所は、コスタリカのウエストバレー・ナランホ・アラフエ・シュマバマイクロミル・モンテ ロウルデス農園・エルキンカジュー地区。
 
コスタリカのオリジンの一つでもある、ブルボン品種からの突然変異のビジャサルチ種をメインに生産しているモンテ ロウルデス農園の中でも【チェリーレポサド】と呼ばれる独創的な精製方法が行われています。
収穫したチェリーをプラスチックコンテナに分け入れ、冷涼な日陰で60時間レスティングした後に、果肉除去を施しています。これによりチェリー内の糖度を高め甘く熟度に長けたコーヒーを生み出そうとしています。また、果肉除去後は、ウェットパーチメントをタンクに入れ、冷水、ミューシレージ、カスカラを足した状態で24時間の好気性発酵を行った上で、アフリカンベッドで約15日掛けて乾燥、仕上げていきます。

この発酵工程は、冷水によって過度な発酵を抑制しながら、ロングファーメンテーションを行う事でミューシレージによる風味の強調とカスカラによる異なる風味の調和を目的としており、複雑で奥行きのある風味を狙っています。
  
 
生産国 / Costa Rica
エリア / West Valley, Naranjo
農園名 / Sumava Micromill, Monte Lourdes Farm, El Kinkajou
生産者 / Francisco Mena
品種 / Villa-sarchi
精製方法 / Red Honey (Cherry Reposado)
標高 / 1750m

クロップ / 2022/23
焙煎度合い / ミディアムライト(中浅煎り)
返回網誌